「となりのマス層」から「となりの億万長者」を目指し、倹約、ポイ活、副業で米国株(たまに日本株)に資金を全力投入する筆者【まねきねこ】のブログです。

「となりのマス層」

投資 日本株 米国株

12月株式投資まとめ【併せて2020年総括】

更新日:

こんにちは♪

【となりのマス層】管理人のまねきねこです=^_^=m

  

■---------

当ブログは、どこにでもいる普通のサラリーマンが少ないお小遣いで株式投資を実践するブログです。

「若いうちはリスクを取って一極集中!」をモットーに米国個別株を中心に資産を運用しています。

深い専門的な知識は無く、多少ギャンブル性も含みますが、わたしの成功・失敗を含めてご参考にしていただければ幸いです。

---------■

  

  

今回は2020年の株式投資結果をまとめました。

コロナに始まり、コロナに終わった激動の1年でした。

わたしの投資スタイルにも大きな変化がありましたが、まずは各種数値を見てみましょう!

 

 

 

 

 

 

銘柄一覧

 

米国株

銘柄保有数量平均取得額時価評価額評価損益額評価損益率
VZ20 $1,165.630 $1,175.000 $9.370.8%
ABBV15 $1,320.750 $1,569.000 $248.2518.8%
KO10 $592.133 $548.400 $ -43.73-7.4%
MCD5 $741.900 $1,072.900 $331.0044.6%
JNJ3 $459.499 $472.140 $12.642.8%
V3 $531.890 $630.090 $98.2018.5%
MSFT6 $1,144.920 $1,334.520 $189.6016.6%
MO5 $209.570 $205.000 $ -4.57-2.2%
NOW2 $423.890 $550.430 $126.5429.9%
DHR2 $428.050 $448.500 $20.454.8%
ETSY3 $858.520 $1,067.460 $208.9424.3%
TSM4 $355.870 $433.155 $77.2921.7%
AAPL5 $590.650 $606.400 $15.752.7%
TSLA6 $1,691.570 $2,117.010 $425.4425.2%
ARCC7 $170.760 $165.841 $ -4.92-2.9%
合計76 $9,519.971 $11,220.846 $1,700.87517.9%

日本株

銘柄保有数量平均取得額時価評価額評価損益額評価損益率
日本電信電話(9432)100¥279,615¥264,550¥-15,065-5.4%
SBI HD(8473)100¥225,580¥244,700¥19,1208.5%
モーニングスター(4765)100¥47,100¥45,900¥-1,200-2.5%
合計300¥552,295¥555,150¥2,8550.5%

 

PF

 

やはり米国株は強いですね!

日本株は全然伸びませんね~。と思ったら、選んでいる銘柄が成長性のある企業ではないから当然のことかと今気づきました。

銘柄は徐々に減らしていって、グロース株の割合を増やしていきますので、今年はPFの波が激しいことになるでしょう。

今からメンタルを徐々に鍛えていきます!

 

 

損益

  

日付銘柄数量平均取得額売却額損益
12月17日DHR1$192.90$222.84$29.94
12月25日DHR1$233.07$222.58-$10.49

損益+$19.45でした。

 

ダナハー様を売り飛ばしてしまいした。

理由は値動きがあまり無く、配当金も少ないためです。

確かにダナハーは、安定した企業であるとともに緩やかな上昇が期待できる銘柄であると思いました。

ですが、今のわたしの投資スタイル(リスクを取ってグロース株に集中投資)とはちょっと違うので、売却を決断しました。

   

中途半端な売買を繰り返してしまっているように感じますが、少しでも保有してみるとわかることもあるかなーと思います。

でも、なんとなく買いはやめないといけませんね。反省。

 

 

追加銘柄

 

日付銘柄数量取得額
12月17日ETSY1$173.59
12月25日ETSY1$196.77

合計$370.36分の買い付けでした。

勢いのあるエッツィーに増資!!Eコマース市場は競合が大変多いですが、エッツィーは販売者のオリジナリティーを支援している。

つまり、他とは違うことをしているので、わたしはそういうところを応援したいと考えていますし、事業も現代のニーズに合っており、今後も伸びると感覚的に感じています。

 

   

配当

  12月配当金一覧

銘柄配当金
KO¥380
MCD¥664
JNJ¥281
V¥89
MSFT¥311
日本電信電話(9432)¥5,000
SBI HD(8473)¥1,594
合計8319

 

 年月比

配当金支払月2019年2020年
1月¥0¥0
2月¥0¥1,190
3月¥0¥0
4月¥0¥793
5月¥1,500¥2,903
6月¥10,350¥15,073
7月¥0¥1,061
8月¥1,151¥5,097
9月¥0¥1,253
10月¥0¥969
11月¥2,597¥311
12月¥11,450¥8,319
合計¥27,048¥36,969
月平均¥2,254¥3,081

 

 配当金推移

 

高配当株投資を止めたので、配当金増加スピードは鈍化しました。

戦略上しかたないのですが、なんだか寂しい…。

時価総額約170万円ですから、やろうと思えば…

年利3%4%5%
配当金(円)51,00068,00085,000
月々(円)4,2505,6677,083

このようにもできる。

そう考えてモチベーション上げるしかありません。

そうです。やはり元本が必要なのです。

   

まとめ

 

昨年から1年間なんとか毎月更新(月1でしか…)してまいりましたが、このブログは人々の役に立つコンテンツなのだろうかと考えると全然ダメだと思います。

自分としてもただ投稿しているだけですし、データ集めが大変で投稿することでいっぱいいっぱいになっているのが現状です。

そこで、今年からはもう少し趣旨を変えて投稿していきたいと考えています。

株式投資メインであることは変わり有りませんが、もっと見ていただく方の役に立つ情報発信ができるよう改善いたします。

  

とりあえず昨年1年間のわたしの株式投資は、

【総保有額】  100万強 → 約170万

※月の小遣いより増えているのはドル建て終身の解約返戻金を充てたためです。

【年間配当金】前年比+約1万円UP

【保有割合】 米国:日本=2:8 → 米国:日本=7:3

となりました。

期の前半までは高配当投資でとにかくインカムゲインを増やすことに専念しました。

コロナショック後は自己学習により、キャピタルゲインメインの投資へ変更し、グロース株比率をUP。

 高配当株グロース株
変動率低い超高い
配当高い低い(てか無い)

シフトしてみると、上記のような状況にあることを体感しています。

ひとたび勢いのある銘柄を保有することができれば、いままでの高配当株の静かなさざ波と比べ大きな荒波に乗ることができ、評価額UPもすごい速さとなります。

逆方向への動きはサーキットブレーカーなどの措置がある為、ならくのそこへ落ちるには一呼吸置くことができます。

わたしはFXもやっていますので、FXに比べるとまだ株は優しい気がします。

 

とにかく、今後の戦略としては、

低年収、住宅ローンあり、子持ち、普通のサラリーマンが少ないお小遣いをコツコツ投資したところでセミリタイヤなんか不可能です。(これが現実)

そのため、若くリスクが取れる今はグロース株への集中投資によって大きく資産を増やすことに専念し、まとまった資産になったところでやっとリスクを抑えた投資戦略へシフト→セミリタイヤという流れができると考えています。

このような戦略で検証していきたいと思います。

あとは、本業はそこそこで、副業やキャリアアップ(資格取得など)によりマルチな収入口を作っていくことも並行してやっていきたいと思います。

今年は色々チャレンジの年になりそうです。

ブログでもこれに合わせてお役立ちできるような投稿を目指してまいります!!

それでは!!m(_ _)m

-投資, 日本株, 米国株

Copyright© 「となりのマス層」 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.